• ホーム
  •  ≫
  • テクノロジー
  •  ≫
  • パフォーマンステスト

パフォーマンステスト

アウトラストのパフォーマンス。

アウトラスト素材と一般素材、ここまで差が出る。

アウトラスト素材を使用したアウターウェアと、一般素材を使ったものを比較実験。
身体の表面温度は、ここまで変わります。

寒いとき、暖かい 暑いとき、涼しい
寒いとき 比較

アウトラストを使用したアウターウェアは、一般素材を使ったものよりも、身体の表面温度が高くなっています。

暑いとき 比較

アウトラストを使用したアウターウェアは、一般素材を使ったものよりも、身体の表面温度が低くなっています。

サーモグラフィー説明

日常のシーンを想定した実験結果をご覧下さい。

冬の寒い日、アウトラストを使用したパーカーと、使用していないパーカーを着て建物から出た時、
肌温度はどう変化するのでしょうか。

室内(気温21℃)

気温21℃で待機状態。2人には、それぞれアウトラストパーカーと普通のパーカーを着てもらっています。肌温度は2人とも32~33度。

室内から外へ…。(気温2℃)

室外に出れば、気温は約2℃。
寒い外気が肌温度を奪っていきます。
2人の身体の表面温度は徐々に下がっていきますが、アウトラストを使用したパーカー着用者の温度低下は、アウトラストを使用していないパーカー着用者に比べ、非常に緩やかです。

運動開始から25分後、普通のパーカーを着た男性は肌温度が28度近くまで低下。
一方、アウトラストパーカーを着用した男性の肌温度は快適温度をキープ。

アウトラストのマイクロサーモカプセルが、肌温度をしっかりとコントロールしています。

比較グラフ