• ホーム
  •  ≫
  • テクノロジー
  •  ≫
  • 温度調節の仕組み

パラフィンワックスが理想の体温へとコントロール

温度調節の仕組み

温度調節機能の秘密

アウトラストの温度調節機能のヒミツは、2〜30ミクロンという小さなマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックス。体からの余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出するという働きで、快適な体感温度へとコントロールしようとします。

真夏でも、真冬でも。快適な肌の表面温度をコントロールして、ずっと心地よく。

NASAのために開発されたアウトラストは、暑いときでも、寒いときでも、ずっと快適にコントロールする最先端の温度調節素材。炎天下の日でも、寒さの厳しい場所でも、人間がいちばん快適だと感じる温度(31℃〜33℃)をキープしようと働きかけます。

詳しい実験結果をご覧下さい。